詰まり・水漏れ・蛇口交換は緊急対応

大阪・東京ほか全国の水トラブルを解決する水道屋さん

トイレ・お風呂・台所・洗面所・水周りのトラブルは何でもご相談下さい。

ご依頼やご相談の際の、皆さまからよくいただくご質問・お問合せについてご紹介いたします。また、お問合せの前に行える簡単なトラブルの解消方法をご紹介しています。

水猿について記載以外の何かご不明な点があれば、お気軽にお問合せ下さい。

営業時間を教えて欲しい
お問合せ・ご依頼は全てフリーダイヤル0120-937-445の自社コールセンターで受け付けています。コールセンターは朝8時から深夜0時まで、土日祝・年末年始・年中無休で受付ています。
対応エリアについて
全国対応エリアへ出動いたします。各エリアをスタッフが巡回していますので、ご依頼を頂いた際には素早く駆けつける事が可能です。おおよその到着時刻は、コールセンターにてお伝えいたします。
料金はいくらぐらいになりますか?
作業料金はトラブルの状況・作業内容により異なりますので、必ず現場で状況を確認してお見積りを行っています。お見積り料金にご了承して頂いた場合のみ作業を進めますので、もし納得できない料金であればキャンセルする事も可能です。
水が止まらない・漏れてくる、水猿到着までの応急処置
蛇口を閉めても止まらない・水漏れのご依頼の際、水猿到着まで止水栓を止めて給水を停止させてお待ち下さい。(※止水栓の位置がわからない場合は、コールセンタースタッフにご相談下さい)
止水栓は、家全体の給水を止める元栓部分と、各端末(台所・洗面台・トイレなど)の給水管にあります。
家全体の水を止める場合は、戸建ての場合庭先などに埋められているメーターボックスの中のハンドルを右に閉めてください(専用のキーが必要な場合もあります)。マンションでは一般的に玄関横などにあるメーターボックス内にあります。
台所・洗面台で壁から蛇口が出ておらず、シンク下の給水管から給水している場合は、給水管にあるハンドルまたはマイナスネジをドライバーで右に回して水を止めてください。トイレにタンクがある場合、タンク横の給水管にマイナスネジがあります。
トイレが詰まった、排水口の水が流れない時の応急処置
トイレや排水口の軽度の詰まりの原因は、大量に流したトイレットペーパー、ゴミや髪の毛などが排水管内でひっかかっている場合があります。
トイレットペーパーは水に溶けますので、しばらく待つか、水が溢れないようタンクの止水栓を閉めてから一度水を流して下さい。その後、だいたい40~50度(熱すぎると配管・陶器を痛めます)のお湯を注ぎラバーカップで強く水圧をかけると詰まりが解消されます。
排水口の詰まりは水を溜め、ラバーカップで強く水圧をかけてみてください。ユニットバスの場合、浴槽側の栓は閉めた状態で行います。それでも解消されない場合、市販のパイプクリーナーを流しお湯を注ぎしばらくたってから多めのお湯を流してみてください。
それでも詰まりが解消されない、または慢性的に詰まりが起こる、物を流してしまったなどの際は、プロの水道屋・水猿がすぐに駆けつけます!

主な作業料金

見積もり・基本料金無料

お見積もりの際は、作業内容のご説明と作業料金+部品代のわかりやすい料金掲示を行っています。ご不明な点はその場でお気軽にご相談ください。

詰まり・修理 8000円~

水漏れ修理 8000円~(+部品代)

給水管の交換・排水部品の交換 8000円~ (+部品代)

蛇口交換 10,000円~(+部品代)

作業料金一覧 FAQ 対応エリア